© Ezyri.com All rights reserved.

20164/1

ココロに響く歌

先日のお話ですが、ウィンドサーフィンの大会「World Performance 2016」にて選手紹介の映像制作をさせていただいた。

その時に使った曲の中に「君が代」そうだれもが知ってる日本の国歌を使わせていただいたのだ。

その時に思ったのはやはり君が代はココロに響く歌だということ。

日本人でよかったなと思う曲だ。

 

昭和生まれの人だったら必ずと言っていいほど口ずさめる。

なぜか胸に手を当ててしまいたく感じ。

日の丸を頭の中に思い浮かべる。

 

少し前に小学校や中学校の先生が国歌を歌うのは自分の都合で歌わないとか言ってたけど、それは全くのお門違いでしょう・・・だって小学校や中学校の先生って公務員でしょ?

公務員は日本という国から報酬をいただいているのでしょ?

国家公務員と地方公務員とは違うとかそんな話じゃないし、あんたの都合なんて関係ない!

プライベートで何を言おうが、何をしようがいいかもしれないけれど、公務員という職業でそれはない。

 

話は逸れてしまったけれど・・・

日本人なら日本の国家「君が代」はココロに響く歌の一つだと世界的イベントに携われせていただいて感じたこと。

関連記事

技術のコツは引く事です

ドアには押して入るドアと引いて入るドアがある。 ほとんどのドアは引いて入るドア 出るときに押してでる。 …

201711/7

世間の反応と自分の反応

自分自身がとても感動して、その感動を人に伝えたいと思った時になかなか自分と同じ反応をしてくれる人って少ないくないですか? なかなか人には伝…

師匠のテクニック

僕は師匠のテクニックに憧れてこの整体・カイロプラクティックの技術・テクニックを学び始めた。 憧れのテクニック一番の思い入れの強いのは頚…

決めました!

野球に明け暮れて、没頭した少年時代に戻った!、、、私、江尻です。 「あること」を形にしていく!と決めました! …

20157/22

ストーリーは美化される。

巌流島の決闘。 宮本武蔵 vs 佐々木小次郎 歴史の時に習った男の子としてはちょっとワクワクするストーリー 巌流島の決闘なんて言葉もかっこ…

ページ上部へ戻る