© Ezyri.com All rights reserved.

201511/4

ピッチャーを育てるのと同じ

僕は学生の時にずっと野球をしてきた。

ポジションはキャッチャーです。

その経験から人の長所を伸ばすのは得意です。

短所を長所に変えるのも得意です。

自分の事は置いておいて・・・ですが。

 

勝つための戦術を考えるよりも、負けない戦略を考えるのも得意です。

雰囲気から何を考えているかを感じ取る事も得意です。

そんな得意な事をディレクションやプロデュースに役立っています。

 

沢山のシュミレーションから最善の選択をする、これはピッチャーを育てるときと同じだったりします。

 

ピッチャーも多くのタイプがいますが、基本的には同じ。

我が強いのが当たり前、野球というゲームはピッチャーが球を投げないと始まらない、その全てを握っているのがピッチャーの役目、ピッチャーはそれを本能的に分かっている。

 

どんなピッチャーも唯一マウンドという山の上に上がって一球一球に想いを込めて投げる。

その想いに付き合うのもキャッチャーの役目。

それがピッチャーを育てるという事なのだ。

 

キャッチャーの役目ってピッチャーの想いに付き合う事とその責任をとる事。

それが分かるとキャッチャーのポジションはとても面白い。

そうなると全てのポジションの責任をとる事も考えられる、ピッチャーの投げる球に合わせて守備位置を変える事もできるし、相手の監督の戦術を見抜いてここというところで腹をくくって指示を出せる。

 

何をするにも責任の所在はキャッチャーにあるのだ。

だから負けない戦略を考えると言える。

 

これが今の仕事の根っこになっているのは間違いない。

そんな事を考えた文化の日。

関連記事

20172/6

石橋を叩いで渡る。

石橋を叩いて渡るとよく言われますが。。。 石橋は創って渡るのが僕はいいと思います。 叩いて渡ってる・・・って…

201511/8

僕の仕事のスタンス

クライアントを感動させる。 ゴマをすらない。 偉そうにしない。 遊びの時間は削らない。 嫌いな人とは付き合わない。 …

手がかかるものの方が愛おしい

100円ライターよりもオイルライターのが愛おしい ボールペンより万年筆の方が愛おしい シャープペンよりも鉛筆の方が愛おしい …

20171/5

具体的に励ます

人を励ます時によく使う言葉 頑張って! 根性見せろ! 緊張するな! などなど色んな励ます言葉があるけれど、日本人はつ…

20159/7

僕はこれ、好きだな。

ちょっと報告が遅くなりましたが ・・・ 8月の最後の週の土曜日と日曜日はSoul Train 2015 in Omaezaki …

ページ上部へ戻る