人気の記事

© Ezyri.com All rights reserved.

201511/4

ピッチャーを育てるのと同じ

僕は学生の時にずっと野球をしてきた。

ポジションはキャッチャーです。

その経験から人の長所を伸ばすのは得意です。

短所を長所に変えるのも得意です。

自分の事は置いておいて・・・ですが。

 

勝つための戦術を考えるよりも、負けない戦略を考えるのも得意です。

雰囲気から何を考えているかを感じ取る事も得意です。

そんな得意な事をディレクションやプロデュースに役立っています。

 

沢山のシュミレーションから最善の選択をする、これはピッチャーを育てるときと同じだったりします。

 

ピッチャーも多くのタイプがいますが、基本的には同じ。

我が強いのが当たり前、野球というゲームはピッチャーが球を投げないと始まらない、その全てを握っているのがピッチャーの役目、ピッチャーはそれを本能的に分かっている。

 

どんなピッチャーも唯一マウンドという山の上に上がって一球一球に想いを込めて投げる。

その想いに付き合うのもキャッチャーの役目。

それがピッチャーを育てるという事なのだ。

 

キャッチャーの役目ってピッチャーの想いに付き合う事とその責任をとる事。

それが分かるとキャッチャーのポジションはとても面白い。

そうなると全てのポジションの責任をとる事も考えられる、ピッチャーの投げる球に合わせて守備位置を変える事もできるし、相手の監督の戦術を見抜いてここというところで腹をくくって指示を出せる。

 

何をするにも責任の所在はキャッチャーにあるのだ。

だから負けない戦略を考えると言える。

 

これが今の仕事の根っこになっているのは間違いない。

そんな事を考えた文化の日。

関連記事

20166/1

伊勢志摩サミット

広島のおばあちゃんの一言に感動した。 先日、伊勢志摩サミットのニュースをテレビで見たときにオバマ大統領が伊勢志摩から広島へ移動するとこ…

決めました!

野球に明け暮れて、没頭した少年時代に戻った!、、、私、江尻です。 「あること」を形にしていく!と決めました! …

20151/6

ログラインを真剣に考えてみる

ログラインそれは… ハリウッドの映画の脚本は全て持ち込みである その持ち込まれた脚本を読むか読まないか それはたった2行のログラインで決まる。 それがログライン。 そんなログラインを日常の考えやプレゼン・コミュニケーションにも応用してみようと思う。

20157/22

ストーリーは美化される。

巌流島の決闘。 宮本武蔵 vs 佐々木小次郎 歴史の時に習った男の子としてはちょっとワクワクするストーリー 巌流島の決闘なんて言葉もかっこ…

201411/28

OMOSHIROIとは?

OMOSHIROIとは何だ!? オモシロイ おもしろい 面白い うーん。 笑わせる事と笑われる事は違う・・・ などと、浅はかな事ではなくてもっともっと人の心の中にある 好奇心を刺激されるようなOMOSHIROIのような気がする。 でもこれは難しい話をしようものなら全く面白くない。

ページ上部へ戻る