© Ezyri.com All rights reserved.

201511/8

僕の仕事のスタンス

クライアントを感動させる。

ゴマをすらない。

偉そうにしない。

遊びの時間は削らない。

嫌いな人とは付き合わない。

寝る時間は削らない。

 

これが僕のこだわり。

 

しかし、最近ある方に言われたことがある。

これは僕のこだわりを揺るがすこと、一大事だ!!

 

なんと言われたかというと

「もう少し偉そうにしなさい!」

と言われた。

 

威張るとか

かっこつけるとか

そんなことじゃなくて、今現在やていることはちゃんと言いなさいということを言われた。

 

当たり前のことなんだけど、正直言うと照れくさい。

それがいけないのだそうだ・・・。

 

整体のスクールで講師をしていること

整体の先生にテクニックを教えていること

セミナーの講師をしていること

イベントのプロデュースをしていること

職人のディレクションをしていること

映像制作をしていること

広告媒体を制作プロディース、ディレクションしていること

 

それら全てで他人に影響を与えていることを自覚しなさいと言われたのだ。

 

大げさに言うことではないし、偉ぶることではない、僕にとっては当たり前になっていることだから、それを人に言うことはとても照れくさいのだ。

 

でもこれからは少しずつそんな事も表に出していこうかなと思った次第でございます。

 

ファイル 2015-11-08 4 28 32

関連記事

20152/13

ディレクションとプロデュース

これどちらもとても重要でどちらか一つだけだとおかしなことになっていく。 ディレクター と プロデューサー ってやつです。 …

20154/18

最近は外食時にお酒など飲んでおります。

年齢を重ねるうちに味覚が変わるなどと言われることが多いと思いますが。 僕もそのうちの1人でして。。 40歳を過ぎてから外食時にグラス…

20177/8

きっかけは不純な方がいい

何を始めるにしても、きっかけは不純な方がいいと僕は思う。 その方が長く続くと思うのですが・・・ 最近はいろんな人と話をする機会が本当…

20151/6

ログラインを真剣に考えてみる

ログラインそれは… ハリウッドの映画の脚本は全て持ち込みである その持ち込まれた脚本を読むか読まないか それはたった2行のログラインで決まる。 それがログライン。 そんなログラインを日常の考えやプレゼン・コミュニケーションにも応用してみようと思う。

201710/27

次の一歩を出してみる

次の一歩を出す時ってとっても怖い。 勢いだけで出して良い時と悪い時がある。 次の一歩を出す時に僕は良くする事がある。 …

ページ上部へ戻る