© Ezyri.com All rights reserved.

201511/8

僕の仕事のスタンス

クライアントを感動させる。

ゴマをすらない。

偉そうにしない。

遊びの時間は削らない。

嫌いな人とは付き合わない。

寝る時間は削らない。

 

これが僕のこだわり。

 

しかし、最近ある方に言われたことがある。

これは僕のこだわりを揺るがすこと、一大事だ!!

 

なんと言われたかというと

「もう少し偉そうにしなさい!」

と言われた。

 

威張るとか

かっこつけるとか

そんなことじゃなくて、今現在やていることはちゃんと言いなさいということを言われた。

 

当たり前のことなんだけど、正直言うと照れくさい。

それがいけないのだそうだ・・・。

 

整体のスクールで講師をしていること

整体の先生にテクニックを教えていること

セミナーの講師をしていること

イベントのプロデュースをしていること

職人のディレクションをしていること

映像制作をしていること

広告媒体を制作プロディース、ディレクションしていること

 

それら全てで他人に影響を与えていることを自覚しなさいと言われたのだ。

 

大げさに言うことではないし、偉ぶることではない、僕にとっては当たり前になっていることだから、それを人に言うことはとても照れくさいのだ。

 

でもこれからは少しずつそんな事も表に出していこうかなと思った次第でございます。

 

ファイル 2015-11-08 4 28 32

関連記事

201711/7

世間の反応と自分の反応

自分自身がとても感動して、その感動を人に伝えたいと思った時になかなか自分と同じ反応をしてくれる人って少ないくないですか? なかなか人には伝…

テクニックを学ぶために。

・・・ テクニックを学ぶために。 と題名に書いたのですが、テクニックは学ぶものではないと僕は思います。 テクニックは盗むも…

内臓を壊す!!

春のこの季節は旬の食べ物を食べて内臓を壊す! それが一番身体に良いのだ。 朝は6時に起きるえじりです。 …

20158/10

魅せるを創るセミナーをするにあたって・・

治療家ってカッコイイ カイロプラクターってカッコイイ セラピストってカッコイイ 僕がこの業界に入る時に思ったことです。 師匠…

20176/25

あなたは幸せですか?

はい!! 僕はとても幸せです! 胸を張ってそう言い切れます。 今、僕はとても幸せです! &nbs…

ページ上部へ戻る