人気の記事

© Ezyri.com All rights reserved.

師匠のテクニック

僕は師匠のテクニックに憧れてこの整体・カイロプラクティックの技術・テクニックを学び始めた。

憧れのテクニック一番の思い入れの強いのは頚椎の矯正テクニックです。

なかなか師匠の頚椎のアジャストメントテクニックには届かない。

あれだけのソフトなタッチ。

軽いパルペーション(検査のことです)動きと触りは軽くソフトなのに的確で繊細な触り方なのです。

そして、一患者さんに何のストレスも与えない矯正。

驚くほどに簡単に

驚くほどに繊細で

驚くほどにソフトに

頚椎だけでなく上部胸椎から下部胸椎・腰椎・骨盤・仙骨までを矯正するテクニック。

そんな師匠のテクニックに憧れて今も毎日、試行錯誤の日々。

 

 

僕にとって手の届かないテクニックかもしれないけれど、絶対に越えてみせると思ってます、それが僕のできる唯一の師匠への恩返しだから。

いつまでも学び続ける覚悟と想い。

それは誰にも負けない!

 

 

経験を積むとだんだんと口数が増えて、テクニックもさることながら言葉で患者さんを治すことを覚えます、それも必要なことだし、重要なことですが、それと同時にテクニックも変わり続けなかければいけない。

どんな患者さんにも対応できるようになるには、ほんの少しの変化を感じることがとても重要なのです。

患者さんは一人一人違いますし、日によっても変わる。

それに対応するには変化を感じ取りその変化に自分も変えないと同じテクニックは通用しない。

 

 

僕が学んだ方法はその変化に対応できる方法でテクニックを学びました。

その方法は次回のブログに書きます。

 

 

そんな僕も最近は人にテクニックをお伝えすることをしています。

偉そうにすみません。

僕の憧れたテクニックを多くの人に伝えたい、伝える。

それが僕の仕事でもあると思っています。

そんな僕がテクニックをお伝えする場所。

http://ichiza.fumiyu.nagoya

 

 

師匠のテクニックそれは、僕が憧れた治療家の姿。

そして、僕が憧れた技術とテクニックで多くの人をHappyにする。

それが僕の整体師としての想いです。

関連記事

20177/8

きっかけは不純な方がいい

何を始めるにしても、きっかけは不純な方がいいと僕は思う。 その方が長く続くと思うのですが・・・ 最近はいろんな人と話をする機会が本当…

技術のコツは引く事です

ドアには押して入るドアと引いて入るドアがある。 ほとんどのドアは引いて入るドア 出るときに押してでる。 …

脊柱のモビリゼーション

脊柱(背骨)を動かすのは整体師としては当たり前のことなのですが。。 整体やカイロプラクティックの治療を受けたことのある方なら分かると思いま…

20174/17

どこの馬の骨かわからないような奴に利用されてんじゃないよ!!

今日はちょっと一言いいですか!? どこの馬の骨かわからないような奴に利用されてんじゃないよ!! 最近、本当に…

20151/6

ログラインを真剣に考えてみる

ログラインそれは… ハリウッドの映画の脚本は全て持ち込みである その持ち込まれた脚本を読むか読まないか それはたった2行のログラインで決まる。 それがログライン。 そんなログラインを日常の考えやプレゼン・コミュニケーションにも応用してみようと思う。

ページ上部へ戻る