人気の記事

© Ezyri.com All rights reserved.

整体の技術を伝える

僕が治療家として経験してきた事
臨床で使って患者さんに喜ばれた技術をお伝えする「えじり一座」

2015年6月25日始めました。

第一回目の内容は治療家・セラピストにとっての道具「手」の使い方について。

整体の技術ってやっぱり面白い。

ほんの少しの違いが大きく変わる、それが技術でありテクニックなのだ。

詳しいレポートはコチラからからどうぞ>> http://www.ichiza.fumiyu.nagoya

IMG_7653

関連記事

技術のコツは引く事です

ドアには押して入るドアと引いて入るドアがある。 ほとんどのドアは引いて入るドア 出るときに押してでる。 …

脊柱のモビリゼーション

脊柱(背骨)を動かすのは整体師としては当たり前のことなのですが。。 整体やカイロプラクティックの治療を受けたことのある方なら分かると思いま…

テクニックを学ぶために。

・・・ テクニックを学ぶために。 と題名に書いたのですが、テクニックは学ぶものではないと僕は思います。 テクニックは盗むも…

48時間トレーニング

新しいワクワクの始まりだ。。。 何年ぶりだろう、師匠と一緒に整体の技術を 教える。 伝える。。 …

アメリカ人の患者さん

今日は整体の患者さんの事です。 長久手市にも最近はたくさんの外国人の方が住んでいるようで、時折まったく日本語を話すことができない患者さんも…

ページ上部へ戻る