人気の記事

© Ezyri.com All rights reserved.

整体の技術を伝える

僕が治療家として経験してきた事
臨床で使って患者さんに喜ばれた技術をお伝えする「えじり一座」

2015年6月25日始めました。

第一回目の内容は治療家・セラピストにとっての道具「手」の使い方について。

整体の技術ってやっぱり面白い。

ほんの少しの違いが大きく変わる、それが技術でありテクニックなのだ。

詳しいレポートはコチラからからどうぞ>> http://www.ichiza.fumiyu.nagoya

IMG_7653

関連記事

Ezyri Ichiza

月に一回の整体・カイロプラクティックのテクニック勉強会。 Ezyri Ichiza 今回は2016年…

アメリカ人の患者さん

今日は整体の患者さんの事です。 長久手市にも最近はたくさんの外国人の方が住んでいるようで、時折まったく日本語を話すことができない患者さんも…

手がかかるものの方が愛おしい

100円ライターよりもオイルライターのが愛おしい ボールペンより万年筆の方が愛おしい シャープペンよりも鉛筆の方が愛おしい …

テクニックを学ぶために。

・・・ テクニックを学ぶために。 と題名に書いたのですが、テクニックは学ぶものではないと僕は思います。 テクニックは盗むも…

胸椎の矯正4つのステップ

このテクニックは私「Ezyri」が毎日の施術で行う順番です。90%以上の患者さんに使います。 通常は流れの中で使っているものなのですが、分…

ページ上部へ戻る