© Ezyri.com All rights reserved.

20155/30

評論家ではなくて、たんなる批評家

世の中にはそんな人が多すぎる。

評論するのではなくて、批評する人。

 

以前にプロ野球の解説で元ヤクルトスワローズの古田選手が解説しているところを聞いた時に、さすがキャッチャーだなと思った事がありました。

 

今の現状、アウトカウント、ランナー、バッター、ピッチャーの投球数、ゲームの展開から最善のケースと最悪のケースとを解説して、結果を予想しながら解説されていた。

 

とっても面白い解説だった。

 

そして試合後にそれを評論されていたのだ。

そのゲームの結果の決め手、それはなぜなのか、選手はなぜその判断をしたのだろうか、だから結果がこうなった・・・。

 

しかし、どうだろう・・・批評家。

悪い悪いと言うけれど、何が悪いのか、後からなんとでも言えるわけで、それ言われるなら自分でやってみたら??

なんて思ってしまう。

 

どんな世界でも同じような人間はいるわけですが

評論家の仕事

コンサルタントの仕事

プロデューサーの仕事

ディレクターの仕事

整体師の仕事・・・

 

結果論で悪いことだけをフォーカスするのは辞めましょ。

って僕は思うんだけどな。

関連記事

20172/6

石橋を叩いで渡る。

石橋を叩いて渡るとよく言われますが。。。 石橋は創って渡るのが僕はいいと思います。 叩いて渡ってる・・・って…

20151/9

ムリ・ムラ・ムダ

文書を書いていて思い出した言葉。 「ムリ・ムラ・ムダ」 仕事に不必要なことだと教えられたのが24年くらい前だろうか・・・。 …

201710/27

次の一歩を出してみる

次の一歩を出す時ってとっても怖い。 勢いだけで出して良い時と悪い時がある。 次の一歩を出す時に僕は良くする事がある。 …

20174/6

カッコ良いか?カッコ悪いか?

カッコ良いか? カッコ悪いか? その選択ができる人生って素敵です。 損か? 得か? そんな…

201511/8

僕の仕事のスタンス

クライアントを感動させる。 ゴマをすらない。 偉そうにしない。 遊びの時間は削らない。 嫌いな人とは付き合わない。 …

ページ上部へ戻る